スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

松村さん、あなたワイドショーに出たいんですか?(^◇^;)

 2008-07-07
秋葉原通り魔事件 ~ 人生はリセットできない

コメントする価値もないしょうもない文章であった。書いてあることはその辺のワイドショーに登場する自称評論家連中と五十歩百歩。セキュリティ会社の社長ということだから何か含むことがあるのであえて暴論を展開させているのかと勘ぐりたいほど・・・。もし本心からの意見なら・・・・レベルの低い思考能力の持ち主としかいいようがない。とても偽札鑑別器を開発した人間だとは思えない頭の悪い人が書き殴った感じ。この人の他のコラムも目を通してみたが偏向した考え方の持ち主なんだなと感じた。是非一読をおすすめ「しない」。
拍手する
スポンサーサイト
カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

まがいもの「細木数子」。滅亡の日も近い。

 2006-02-09
細木数子氏、ホリエモン占い当たった強調(asahi.com)

ここまでくると滑稽で憐れですな。この細木のおばちゃん、過去にも島倉千代子との因縁や当時85歳だった陽明学者で歴代総理の指南役、安岡正篤氏の遺族との遺産争いやら墓石屋と組んでの霊感商法などで悪名高い御仁。しばらく過去の人になっていたのをテレビがスポットで取り上げだしたのが現在のブームの口火を切ってしまったようだ。昨年あたりまでがこのまがい物の絶頂期だったと思う。これからは徐々に化けの皮がはがれて醜悪な人間性がにじみ出てこよう。再度杭が打たれるように強く望むところである。しかしマスコミやテレビがなぜこんなヤツをありがたがっているのか理解に苦しむ。視聴率さえ取れればそれでいいのか・・。同じ穴の狢ということか。この百貫デブ占い師のデタラメさは下記のWebで味わえる。

人気占い師細木数子の過去 島倉千代子50周年の陰で語られた
(サイゾー公式ホームページ ウルトラサイゾーより)

予言・占い
(超常現象の謎解きより)

そして占いが如何にはちゃめちゃかは『細木数子 その顛末(2ちゃんねるあーとより)』で確認できる。こうしてみると細木予言は逆に作用すると見ておいた方がいいかもしれない。ただし年号のついた予言はまったく無視していいと思う。つまり2030年に日本は難民になることは絶対にないし武部氏は総裁にはならないし、政治は良くならないし、経済は良くなるといったところかな。まぁ、参考にもならないクソ占いであることは確かであろう。




拍手する
カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

NHKの民営化も議論/「タブーない」と総務相

 2005-11-04

竹中平蔵総務・郵政民営化担当相は4日の閣議後の記者会見で、自民党内の一部で出ているNHKの民営化論について「民主主義社会の議論であり、タブーはない」などと述べ、関心を持っていく考えを示した。

 総務相は、31日の会見でNHKの問題について「いろいろな選択肢が議論され始めたところだ。いろんな意見があるので謙虚に耳を傾けたい」と述べていた。

 また、政府系金融機関の統廃合・民営化に伴う監督官庁の組織の見直しについて「積極的に問題提起していくべきだ」などと述べ、政府系金融を担当する政府部局の整理・縮小にも同時に取り組んでいく考えを示した。



いいぞ、平蔵ちゃん。その調子でどんどん民営化へ突き進んでくださいませ。NHKにとっても将来を考えるなら民営化されたほうがうまく機能していくはず。それにしてもNHK副会長の永井多恵子が視聴者の疑問に答えているという「寄せられた意見にNHK副会長 永井多恵子がお答えします」の内容のはちゃめちゃさはなんなんだろうか、酷い、酷すぎる。本人が答えているのかどうかも怪しいゴーストライター臭い構成といい、無茶苦茶な思いこみによる法律のご都合主義的解釈といいここ数年のやることなすことすべて虚け者パワーを全開させた内容である。個人的にはNHKなんぞなくなって良いと思っているが最低でも民営化してほしい組織ではあるな。
拍手する

NHKの民営化も議論/「タブーない」と総務相 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(1) コメント(-)

自民党有志が「NHKの民営化を考える会」を設立((・・||||rパンパンッ)

 2005-10-28

NHK:自民有志が「民営化を考える会」設立総会

 自民党の国会議員有志は28日、東京・永田町の同党本部で「NHKの民営化を考える会」の設立総会を開いた。受信料の支払い拒否・保留が増え続けていることから、受信料の存廃や民営化の是非について、放送法改正も視野に含めて議論する。

 発起人は山本拓、河本三郎、馳浩の3氏。同党議員全員に呼びかけ、計19人で発足した。山本氏は「受信料の支払いを義務付けた放送法32条は時代遅れ。商業化についても議論していきたい」とあいさつした。

 その後、会長に愛知和男氏を選出した。会のホームページ(http://www16.plala.or.jp/nhk/)を同日開設し、民営化や受信料のあり方について広く意見を募集する。月1回のペースで会合を開き、次の通常国会までに意見を取りまとめることを確認した。

毎日新聞 2005年10月28日



腐臭漂う末期的な組織として社会保険庁と並び称されるのが自称公共放送NHKである。NHK受信料の義務化をもくろんでいる総務省もかなり腐食が進んでいる。麻生相の顔がゆがんでいるのも省の腐食に端を発しているのであろう。そんな中、「民営化を考える会」の設立。諸手を挙げて歓迎したい。ただ、環境庁、防衛庁の長官を歴任したとはいえ会長に愛知和男を選出したのには?がつくが。一連の報道、総務委員会などでのNHK無能経営陣の無気力答弁などに対する批判がついに先生方の功名心に火をつけたというところか。自民党内に相当存在するといわれているいるいわゆるNHK族議員とどのように折り合いをつけていくのか見物である。民営化は決して不可能なことではないと思うので(何せ郵政が民営化できるのだから)是非実現してほしいものである。NHK集金人のヤクザな訪問詐欺が一掃されるだけでも世の中のためになると思う。




拍手する
カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

ぬるい連中のぬるい答弁

 2005-10-20
NHK(日本犯罪協会)の教祖がまた意味不明発言をしている。

NHKが新財源検討、受信料収入減で
 NHKの橋本元一会長は20日、NHK決算を審議する参院総務委員会に出席し、受信料収入が大幅に減少している事態に関連して「新しいメディア状況の中で、社会に即した財源のあり方も今後は検討してまいりたい」と、将来的に受信料以外の財源を検討する意向を明らかにした。

 しかし、新財源の具体的内容は示さず、「現段階では受信料制度に基づく公共放送を守りたい」と従来の立場も強調した。

 NHK経営広報部は「デジタル時代に新しいサービスが出てくれば、新しい財源を検討するということ。(現行放送に暗号をかけ、料金を払った人だけが見られるようにする)スクランブル化や広告導入は考えていない」と説明している。

 また麻生太郎総務相は「(テレビは)一家に1台どころか携帯電話と車、パソコンで1人が4、5台を持っている時代になるので(受信料も)全然別の発想が考えられないことはない」と述べた。

[nikkansports.com 2005/10/20/12:43]



将来的に受信料以外の財源を検討する意向だとか何とか言っているようだが要するに先般の常軌を逸したごまかしプランの非難に対しての逃げ発言にすぎないんでしょう。具体的内容には一切触れず現在の段階では受信料頼みだというところにも意図が透けて見える。考えるチカラのないこの経営陣の脳みそは日々萎縮しているのではと心配してあげたくなる。総務省の麻生のおっさんも相変わらず意味不明の発言のようで。一体何を言いたいんだろうか・・。ぬるい政治家である。身内にNHKにお世話になっている御仁でもいるのでしょう。(まぁ、これは自民党をはじめとした政治家一般にもあてはまるとは思うが)デジタルメディアでNHKが映るモノに対してすべて受信料をかぶせていくというえげつない商法に邁進していくということでしょう。そして、受信料という名称を使わないということが「受信料以外」の財源を検討するということなのでしょう。この日の委員会の模様は参議院のWEBページで見ることができるが、その中で受信料は特殊な「負担金」であるという法制局の見解をおぬるい大臣が披露していた。先だっての恒久的定率減税を特例的措置にすり替えた傲慢内閣同様姑息な詭弁である。いっそのこと負担金と名称変更すればどうだ。また、この委員会ではNHKのお偉方の危機感のないふぬけた答弁を存分に味わえる。質問議員の失笑もそここに見て取れる。何という情けない組織なんだろうとと思うことまちがいなしである。ツルの一声でNHK民営化委員会でも作ってくれないかぁ>小泉んちの純ちゃんよ、まぁ無理かな、憲法もろくに理解されていない虚者のようですから。

□参議院インターネット審議中継 ビデオライブラリ『総務委員会(10.20)』・・・公明、共産、社民の質問時の映像などはNHKの体質が垣間見えて非常に興味深い(情けない)。
拍手する

ぬるい連中のぬるい答弁 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(2) コメント(-)

松下電器が敗訴確定へ 一太郎訴訟で上告断念

 2005-10-11

北海道新聞 2005/10/11 17:07

 松下電器産業は11日、知的財産(知財)高裁で敗訴したワープロソフト「一太郎」をめぐる特許訴訟の最高裁への上告を断念することを明らかにした。これでジャストシステム(徳島市)の勝訴が確定する。

 松下は高裁判決について「ソフトウエアも特許権の侵害品となるという当社の主張が認められた点は評価でき、受け入れることにした」と説明している。判決では松下側の主張の前提となる特許権自体が無効とされており、上告しても覆すのは困難との判断もあったとみられる。

 この訴訟は、ジャストシステム製の「一太郎」が特許権を侵害している、として松下が訴えた。1審の東京地裁は松下側の主張を認め、一太郎の製造・販売の差し止めを命じたが、2審の知財高裁は松下側の請求を棄却した。


当然の措置ですね。勝ち目はないと思うし一審の判決自体が無知な裁判官の勝手な思いこみによるものにすぎない代物ですから。松下もどこかの会社に逆訴訟に持ち込まれる危険性に気づいたのではないでしょうか。暇つぶしに無駄な訴訟を起こして、大きくイメージを落としたのは間違いないでしょう。
拍手する

松下電器が敗訴確定へ 一太郎訴訟で上告断念 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

One more thing...

 2005-10-05

アップルから「もうひとつ」の大発表が--米国時間12日にリリース予定

 Apple Computerが、米国時間10月12日に大きな発表を予定しているようだ。

 先月はじめに「iPod nano」と「Motorola Rokr」を発表するイベントを開いたばかりの同社が、また大きな製品もしくはサービスの発表を予定している。同社は米国時間4日に、プレス関係者に向けて、このイベントの案内を送付したとCNET News.comのJohn Borland記者がブログに記している。

 劇場のそれを思わせる緋色のカーテンをバックに「One more thing...」というメッセージだけが浮かんだ絵柄の、いかにも思わせぶりなこの案内は、日本の編集部にも届いており、その文面は「10月13日(木)午前10時より 東京国際フォーラム ホールCにて カリフォルニアにて開催されるイベントの様子を衛星中継(録画)にてご覧いただきます(略)」とある。

 Appleは比較的大きな発表がある度にこの種のイベントを開いてきており、これまでに、先の「iPod nano」等の発表のほか、2004年10月末の「iPod Photo」および「U2 Special Edition」の発表、さらに2003年4月末のiTunes Music Storeの発表などでも同様の動きが見られた。

 日本のアップルコンピュータ広報部では、「発表内容については直前までわからない」としている。「One more thing...」という意味が、ここ数カ月に渡って続いたiPod関連の発表であるのか、それとも全く別の発表であるのかについても、コメントを避けている。ビデオ機能搭載のiPodが出るのではないかとの憶測についても、「そういった憶測は、前回のiPod nano発表時にもあった」としており、現時点では何も明らかになっていないことを強調した。 

(CNET Japan) - 2005/10/05 13:13



要注目ですね。ビデオ再生が可能な携帯型デジタル音楽プレーヤー「iPod」ではないかという憶測もとんでいるらしいのですが、先月iPodを購入した人は眠れぬ夜を余儀なくされそうです(Q_Q)↓。
拍手する

One more thing... の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(2) コメント(-)

「のまネコ」商標登録出願取りやめ…「モナー」に酷似

 2005-10-01

エイベックスは30日、同社が発売中の楽曲「恋のマイアヒ」の宣伝などに使われている猫のキャラクター「のまネコ」について、図形商標の登録出願中止を、著作権を持つ会社に申し入れたと発表した。

 「恋のマイアヒ」は、モルドバ共和国出身の3人組「O―ZONE」のヒット曲。歌詞が「飲ま飲まイェイ」など日本語に聞こえることから評判となり、収録アルバムは70万枚以上を売り上げ、「のまネコ」のグッズの販売も始めた。

 ところが、「のまネコ」がネット上の掲示板「2ちゃんねる」などで使われているキャラクター「モナー」に酷似しているとして、ネット利用者が反発。「モナーが自由に使えなくなる」と、抗議の動きが起こっていた。

 エイベックスでは、「両キャラクターは全く別物だと考えているが、今回の混乱を招いた以上、出願を取り下げて皆さんに安心して頂こうと決めた」としている。また、30日に同社社員への殺人予告が「2ちゃんねる」に掲載されたとして、警察に被害届を出すことも明らかにした。



[読売新聞社:2005年09月30日 22時56分]


当然でしょ。というか、あちらこちらで非難の声が挙がったのでしかたなくというところでしょうか。これを「全く別物」だと考えるエイベックスの見識は誰もが疑わざるを得ないことは明白。CCCDの件でも噴飯ものの仕様でしかたなく弾力化に至った経緯といいこの企業の狭量さを実感させる出来事でございました。エイベックスさんの終焉もすぐそこまで来ているようです。
拍手する

「のまネコ」商標登録出願取りやめ…「モナー」に酷似 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

一太郎訴訟ジャスト社逆転勝訴

 2005-09-30

一太郎訴訟ジャスト社逆転勝訴(共同通信)

 松下電器産業(大阪府門真市)がジャストシステム(徳島市)のワープロソフト「一太郎」と画像ソフト「花子」に自社の特許権を侵害する部分があるとして、両ソフトの販売差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産(知財)高裁(裁判長・篠原勝美所長)は30日、松下側勝訴の一審東京地裁判決を取り消し、請求を棄却した。今年4月に発足した知財高裁で、5人の裁判官による大合議の判決は初。

[共同通信社:2005年09月30日 17時10分]


松下側は控訴するんだろうな。くだらないことに労力を費やさないでもらいたいなぁ。アップルさんに訴訟をおこされたらどうするんでしょうか。この訴訟の松下側の言い分になんといじましく、せこい会社だと思った人もいたのではなかろうか。世間の冷たい眼に早く気づいてもらいたいものだ。

□知財高裁判決『H17. 9.30 知財高裁 平成17(ネ)10040 特許権 民事訴訟事件
■JUSTSYSTEM『「一太郎」「花子」の販売差止請求控訴事件の判決に関するお知らせ
■松下電器産業株式会社『当社特許権に基づく差止請求訴訟における知的財産高等裁判所判決について

Macユーザーとして松下電器に抗議する(shiomaneki氏)
拍手する

一太郎訴訟ジャスト社逆転勝訴 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(1) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
魔方陣時計



発言小町
Yahoo!天気予報

Feemo

あわせて

あわせて読みたい

iTunes Store

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。