スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自民党有志が「NHKの民営化を考える会」を設立((・・||||rパンパンッ)

 2005-10-28

NHK:自民有志が「民営化を考える会」設立総会

 自民党の国会議員有志は28日、東京・永田町の同党本部で「NHKの民営化を考える会」の設立総会を開いた。受信料の支払い拒否・保留が増え続けていることから、受信料の存廃や民営化の是非について、放送法改正も視野に含めて議論する。

 発起人は山本拓、河本三郎、馳浩の3氏。同党議員全員に呼びかけ、計19人で発足した。山本氏は「受信料の支払いを義務付けた放送法32条は時代遅れ。商業化についても議論していきたい」とあいさつした。

 その後、会長に愛知和男氏を選出した。会のホームページ(http://www16.plala.or.jp/nhk/)を同日開設し、民営化や受信料のあり方について広く意見を募集する。月1回のペースで会合を開き、次の通常国会までに意見を取りまとめることを確認した。

毎日新聞 2005年10月28日



腐臭漂う末期的な組織として社会保険庁と並び称されるのが自称公共放送NHKである。NHK受信料の義務化をもくろんでいる総務省もかなり腐食が進んでいる。麻生相の顔がゆがんでいるのも省の腐食に端を発しているのであろう。そんな中、「民営化を考える会」の設立。諸手を挙げて歓迎したい。ただ、環境庁、防衛庁の長官を歴任したとはいえ会長に愛知和男を選出したのには?がつくが。一連の報道、総務委員会などでのNHK無能経営陣の無気力答弁などに対する批判がついに先生方の功名心に火をつけたというところか。自民党内に相当存在するといわれているいるいわゆるNHK族議員とどのように折り合いをつけていくのか見物である。民営化は決して不可能なことではないと思うので(何せ郵政が民営化できるのだから)是非実現してほしいものである。NHK集金人のヤクザな訪問詐欺が一掃されるだけでも世の中のためになると思う。




拍手する
スポンサーサイト
カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

$1,693.62

 2005-10-27
ここでこのブログの資産価値を算出してもらいました。


My blog is worth $1,693.62.
How much is your blog worth?



ここで日本円に換算すると、(これを書いている時点で)195,689.32円。









ブログの価値をドル建てで知らせてくれるサービス

Business Opportunities Weblog | How Much Is My Blog Worth


この話題に関するクチコミ(133件)を見る


話題の.jp



拍手する

$1,693.62 の続きを読む

カテゴリ :インターネット トラックバック(4) コメント(-)

北米版「PS2 Burnout Revenge」

 2005-10-24
 

先日、エレクトロニック・アーツからBurnoutシリーズの新作が発売された。PSPの「Burnout Legends」は前作のBurnout3をベースにチェイスモード(パトカーを運転して逃走車を捕まえる(というかテイクダウン)モード)が追加された。PS2の「Burnout Revenge」はBurnout3の後継ソフトでありながらいくつかの趣向が凝らされていてよりワイルドな爽快感を楽しめる仕上がりになっている。前作もそうだったが今回も実に中毒度の高い遊べる仕上がりになっている。ただ前作まであったネットワークモードが国内版では削られているのが残念。
北米版ではWorldTourである程度のレベルになればネットワーク対戦が楽しめる。4台から6台でレースをすることになるのであるが私などは常に後塵を期す有様(単に私の腕が未熟なだけでネットワークモードでのオフライン同様のスピード感でレースを楽しめる)。本編をクリアしてしまってもこのモードで相当長く楽しめることは請け合いである。
PSPのBurnout Legendsでも無線LAN機能を生かしたネットワーク対戦が楽しめるのだが、アドホックモードに限られるようである。これは北米版も同様らしい。MLBみたいにインターネット上のユーザとも対戦してみたいと思う。(どこかのレビューサイトにもそのような言及があった)いずれにしてもEA(エレクトニック・アーツ)のゲームはハズレが極めて少なく中毒性のあるハマリゲームが多いので今回の2作品もオススメ度三重丸には違いない。





拍手する
カテゴリ :ゲーム トラックバック(0) コメント(-)

ぬるい連中のぬるい答弁

 2005-10-20
NHK(日本犯罪協会)の教祖がまた意味不明発言をしている。

NHKが新財源検討、受信料収入減で
 NHKの橋本元一会長は20日、NHK決算を審議する参院総務委員会に出席し、受信料収入が大幅に減少している事態に関連して「新しいメディア状況の中で、社会に即した財源のあり方も今後は検討してまいりたい」と、将来的に受信料以外の財源を検討する意向を明らかにした。

 しかし、新財源の具体的内容は示さず、「現段階では受信料制度に基づく公共放送を守りたい」と従来の立場も強調した。

 NHK経営広報部は「デジタル時代に新しいサービスが出てくれば、新しい財源を検討するということ。(現行放送に暗号をかけ、料金を払った人だけが見られるようにする)スクランブル化や広告導入は考えていない」と説明している。

 また麻生太郎総務相は「(テレビは)一家に1台どころか携帯電話と車、パソコンで1人が4、5台を持っている時代になるので(受信料も)全然別の発想が考えられないことはない」と述べた。

[nikkansports.com 2005/10/20/12:43]



将来的に受信料以外の財源を検討する意向だとか何とか言っているようだが要するに先般の常軌を逸したごまかしプランの非難に対しての逃げ発言にすぎないんでしょう。具体的内容には一切触れず現在の段階では受信料頼みだというところにも意図が透けて見える。考えるチカラのないこの経営陣の脳みそは日々萎縮しているのではと心配してあげたくなる。総務省の麻生のおっさんも相変わらず意味不明の発言のようで。一体何を言いたいんだろうか・・。ぬるい政治家である。身内にNHKにお世話になっている御仁でもいるのでしょう。(まぁ、これは自民党をはじめとした政治家一般にもあてはまるとは思うが)デジタルメディアでNHKが映るモノに対してすべて受信料をかぶせていくというえげつない商法に邁進していくということでしょう。そして、受信料という名称を使わないということが「受信料以外」の財源を検討するということなのでしょう。この日の委員会の模様は参議院のWEBページで見ることができるが、その中で受信料は特殊な「負担金」であるという法制局の見解をおぬるい大臣が披露していた。先だっての恒久的定率減税を特例的措置にすり替えた傲慢内閣同様姑息な詭弁である。いっそのこと負担金と名称変更すればどうだ。また、この委員会ではNHKのお偉方の危機感のないふぬけた答弁を存分に味わえる。質問議員の失笑もそここに見て取れる。何という情けない組織なんだろうとと思うことまちがいなしである。ツルの一声でNHK民営化委員会でも作ってくれないかぁ>小泉んちの純ちゃんよ、まぁ無理かな、憲法もろくに理解されていない虚者のようですから。

□参議院インターネット審議中継 ビデオライブラリ『総務委員会(10.20)』・・・公明、共産、社民の質問時の映像などはNHKの体質が垣間見えて非常に興味深い(情けない)。
拍手する

ぬるい連中のぬるい答弁 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(2) コメント(-)

Webページキャプチャ作成ツール

 2005-10-20
なかなかいいのではないでしょうか、これIEツールバー版もあるようなのですがこちらの方は有料。ちとお高い。ちなみにこのサイトをキャプチャするとこの通り。画像をクリックするとでかくなります。




拍手する

Webページキャプチャ作成ツール の続きを読む

カテゴリ :ソフト トラックバック(0) コメント(-)

PSPで私的オススメのMLBゲーム

 2005-10-16

image_mvp.jpg image_mlb.jpg

PSPで遊べる野球ゲームは国産では現在出回っていない。しかし米国版などの海外版ゲームも動作可能なPSP。海外版に目を向けるとSCEのMLBとEAのMVP BASEBALLがある。どちらも持っているのだが小生のPSPではMLBのUMDが常時装着状態である。
EAのMVPはPS2の同名タイトルをダウングレードしたものだが如何せんバグらしきものが存在する。SEASONモードで選択するチームによってはStandings(順位表)で表示されないチームが出てくるのである。興ざめである。具体的にいうとナリーグの中地区以外のチームを選択すると中地区の1チームが欠けてしまうのである(PS2、XBOX版ではこのようなことはない)。それからバッティングタイミングが異様に難しいような気がする。チューニングも可能なのだがあまり難易度は変わらないように思う。その他のゲームバランスもPS2やXBOX版に比べて著しく劣る(ような気がする。単に自分のゲーミングスキルが未熟なだけかもしれないが・・)。一方、SCEのMLBは登場する選手の動作など所々に痒いところに手が届く仕掛けがしてあってゲーム心を擽ってくれる。会心の当たりで打球音などは快感ものである。この点でも前述のゲームでは今一つなのである。手を抜こうと思えばXボタンのみでゲーム進行が可能なので気軽に楽しめる。あまり慣れきってしまうとウイレレなどが億劫になってしまうので要注意であるが。

image_90x128_1.jpg image_91x128_1.jpg image_91x128_3.jpg


PS2版でもMLB2006として発売されているが(これは北米版PS2のみで動作する)、個人的にはEAのMVP BASEBALL 2005より面白いのではと思っている。なお、ESPNのMAJOR LEAGUE BASEBALL 2K5はあまりオススメはしない。べースボールゲームというよりアクションゲームに近いモノがあるからである。まぁ、遊べないことはないと思う。




拍手する
カテゴリ :ゲーム トラックバック(0) コメント(-)

イーガン先生の「ディアスポラ」を読み始めたのだが・・。

 2005-10-16
ディアスポラ
ディアスポラ
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.16
グレッグ・イーガン著 / 山岸 真訳
早川書房 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。


しばらくSF作品にはまろうと思いイーガン先生の最新訳に手を出したのだが・・・。ムズイ・・。最初の60頁を読了も?・・。このサイトで拾い読みしてから再挑戦しようっと。
拍手する

イーガン先生の「ディアスポラ」を読み始めたのだが・・。 の続きを読む

カテゴリ : トラックバック(0) コメント(-)

町井登志夫「血液魚雷」読了す。

 2005-10-16
血液魚雷
血液魚雷
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.16
町井 登志夫著
早川書房 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。

小松左京賞も受賞したことのある町井登志夫の「血液魚雷」を読んでみた。この本は、ハヤカワSFシリーズのJコレクションにラインアップされている。Jコレクションは一応すべて購入することに決めているのでこの本も迷わず購入。第三回このミス落選作品だそうだ。ちなみに、小松左京賞受賞の

今池電波聖ゴミマリア
町井 登志夫〔著〕
角川春樹事務所 (2001.12)
通常1-3週間以内に発送します。


はタイトルからは想像もつかぬほど救いのない話で読後感があまりよくなくその後の数作品は手に取らずじまい。ひさしぶりのご対面ということになる。放射線科医の石原祥子が勤務する病院に心筋梗塞の女性が搬送されてくるが彼女は元彼の妻。検査装置「アシモフ」が患者の動脈内に捉えた謎の生物。それは血管壁を破壊しかねないプロペラ状の鞭毛を持った寄生虫だった・・。作者も触れているように現代版「ミクロの決死圏」といったところ。この寄生虫、はては祥子や元彼の体内にも寄生していることが判明して事態は急を告げる。なかなか読ませてくれる話になっていく。3人に寄生しプロペラ型の鞭毛ときてあるものを連想できる人もいるだろう。少しオススメの一冊。

拍手する

町井登志夫「血液魚雷」読了す。 の続きを読む

カテゴリ : トラックバック(0) コメント(-)

動画対応「第5世代iPod」登場!

 2005-10-13

待望の「第5世代(5G)iPod」がついに発表された。2.5インチ・320×240ドット、QVGAのカラーディスプレーを搭載。HDDの容量は30GBと60GBの2種類を用意。本体カラーはiPod nanoと同じ、ブラックとホワイトの2色展開である。価格は30GBモデルが299ドル、60GBモデルが399ドルとなっている。


 また、かねてからウワサされていたとおり、30GBモデルの本体は、現行の第4世代iPodの20GBモデルに比べて30%ほど薄くなったのも特徴の一つ。

 第5世代の目玉機能の動画再生だが、MPEG-4とH.264に対応。ミュージック・クリップやテレビ番組の録画も楽しめる。バッテリーも増強されており、音楽の場合、60GBモデルで20時間以上、30GBモデルで14時間の連続視聴が可能。2時間で約80%以上充電でき、4時間でフル充電となる。

 発売についてだが、米国のネット販売では30GBモデルが24時間以内に出荷でき、60GBモデルは5-7営業日以降の出荷となっている。

 その他、日本での価格や出荷状況が分かり次第、追って報告する。

iPod情報局



従来のモデルよりも31%薄い
320x240ピクセル
2.5インチ、アスペクト比4:3、26万色のディスプレイ搭載
MPEG4/H.264をサポート。

ちなみに米アップル社の情報はこちら
どうやらApple Store Japanでもコーナーが既に用意されている。
iPod /60GB 46,800円
iPod /30GB 34,800円
来週発売(現在、納期5〜7営業日)




拍手する

動画対応「第5世代iPod」登場! の続きを読む

カテゴリ :ハードウェア トラックバック(2) コメント(-)

松下電器が敗訴確定へ 一太郎訴訟で上告断念

 2005-10-11

北海道新聞 2005/10/11 17:07

 松下電器産業は11日、知的財産(知財)高裁で敗訴したワープロソフト「一太郎」をめぐる特許訴訟の最高裁への上告を断念することを明らかにした。これでジャストシステム(徳島市)の勝訴が確定する。

 松下は高裁判決について「ソフトウエアも特許権の侵害品となるという当社の主張が認められた点は評価でき、受け入れることにした」と説明している。判決では松下側の主張の前提となる特許権自体が無効とされており、上告しても覆すのは困難との判断もあったとみられる。

 この訴訟は、ジャストシステム製の「一太郎」が特許権を侵害している、として松下が訴えた。1審の東京地裁は松下側の主張を認め、一太郎の製造・販売の差し止めを命じたが、2審の知財高裁は松下側の請求を棄却した。


当然の措置ですね。勝ち目はないと思うし一審の判決自体が無知な裁判官の勝手な思いこみによるものにすぎない代物ですから。松下もどこかの会社に逆訴訟に持ち込まれる危険性に気づいたのではないでしょうか。暇つぶしに無駄な訴訟を起こして、大きくイメージを落としたのは間違いないでしょう。
拍手する

松下電器が敗訴確定へ 一太郎訴訟で上告断念 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)

グレッグ・ルッカ「守護者」を読んでみる

 2005-10-11
守護者(キーパー)
G.ルッカ〔著〕 / 古沢 嘉通訳
講談社 (1999.3)
通常2-3日以内に発送します。

を読んでみた。この作品は1999年に出版されたものらしい。出版社からの内容紹介を引用すると

病院前では“堕胎は殺人だ”というプラカードが林立している。「あなたを雇いたい。私と娘を保護してもらいたい」妊娠中絶反対派の度重なる嫌がらせに、強靱な女性医師ロメロのストレスも頂点に達していた。プロ魂に燃えるボディガードと脅迫者の必死の攻防が続く。アンドリュー・ヴァックス絶賛のアクション巨編!

だ。ややハードボイルド寄りのミステリ(というほどでもないが)といったところだろうか。ボディガードを生業とするアティカス・コディアックシリーズの第一作目にあたる。作者のグレッグ・ルッカの名は本の雑誌 2005-10の特集記事(がんばれ、翻訳ミステリー)内のコラムで知った。

ルッカの最新作である

耽溺者(ジャンキー)
グレッグ・ルッカ〔著〕 / 古沢 嘉通訳
講談社 (2005.2)
通常2-3日以内に発送します。

が全く売れていないという話から始まって年末ベストで名前が挙がったものしか売れないそれも1位のものしか(「まず一位作品に手を伸ばすのが自然な行動ゆえ」)売れないという嘆かわしい話が続いている。その不振を慮ってではないがルッカの入手可能な本を買ってみたわけだ。処女作ということで訳が悪いのでもないのだろうが少し端折り気味の箇所が見られる(これは解説でも指摘されているようである)。しかしながら、次回作を読みたくなる出来ではあった。最新作の「耽溺者」ではコディアックの相棒(恋人?)が主人公らしいので2作目、3作目と読み進めていこうと思う。

この本を読む前に、

県庁の星
県庁の星
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.11
桂 望実著
小学館 (2005.9)
通常1-3週間以内に発送します。

を読んでいたのだが、少々期待はずれに終わってしまったためか順序が逆になってしまった。県職員があるスーパーに民間人事交流研修に派遣されて一悶着を引き起こしながらも何とか民間人の気持ちに立って考えることのできる人間になって元の鞘に戻っていくまでを描いたものなのだが、設定はおもしろいもののそれを消化しきれていないせいか軽い読み物なってしまった。山本甲士の一連の作品のようなものを期待していたのだが・・。文庫本になった暁に旅の読み捨て本としては最適であろう。ちなみにこの作品が映画化されるようである。ヒロインの登場など原作とは若干内容を異にするようである。主演の県庁職員に織田裕二・・。映画よりも「踊る大捜査線」のようにテレビドラマにした方がネタもたくさんありそうでいいと思うのだが。映画にするほどの原作なのかなと思ってしまった。むしろ山本甲士の作品の方が映画向きだと思うんだが・・。
拍手する

グレッグ・ルッカ「守護者」を読んでみる の続きを読む

カテゴリ : トラックバック(0) コメント(-)

橋本会長は自爆テロリストになろうとしているのか

 2005-10-07

懲りないNHK、海老沢側近天下り…辞任の3人
諸星衛氏、野島直樹氏、出田幸彦氏

 一連の不祥事を受けてNHK理事を今春辞任した3人が、関連団体の役員に選任されたことが7日までに明らかとなった。橋本元一会長は「天下りではない」と強調しているが、3人は海老沢勝二前会長の元側近。新生を目指すとする姿勢と明らかに矛盾した人事は、視聴者のさらなる反発を招きそうだ。

 橋本会長によると、諸星衛氏がNHKインターナショナル理事、出田幸彦氏がNHK文化センター常務、野島直樹氏はNHK理事への就任が決定。諸星、出田両氏はすでに就任しており、野島氏は11日付。

 3人はいずれも不祥事が頻発した「海老沢政権時代」に理事に就任していた。中でも、政治部長を務めた諸星氏は海老沢氏の側近として有名だ。

 野島氏は、従軍慰安婦を扱った特集番組の編集作業が行われた平成13年当時の総合企画室担当局長。この番組の放送前に自民党の安倍晋三衆院議員と面会していた。

 橋本会長は「天下りには当たらないと思う。ノウハウやスキルを生かす適材適所だと考えている」と弁明。報酬は「NHK理事よりは低い」としたものの、プライバシーを理由に明らかにしなかった。

 また、橋本会長は昨年7月の不祥事発覚後の受信料支払い拒否・保留件数が先月末で126万6000件に達したことも発表。同月20日に示していた推定値130万件を約3万4000件下回る結果となっただけに、「営業活動を強化した成果が出た」と満足そうに述べた。

 ただ、今回の人事が明らかになったことで、NHK不信がぶり返す恐れも出てきたと言えそうだ。

ZAKZAK 2005/10/07



自らの首をこれでもかというほど絞める方針をどんどん出してくるNHK。今回の人事も視聴者の反発はおろか国民の理解も得られそうにないことは間違いなさそうだ。
拍手する

橋本会長は自爆テロリストになろうとしているのか の続きを読む

カテゴリ :テレビ トラックバック(0) コメント(-)

オンラインゲームで麻雀ブーム再燃

 2005-10-06

「1人でも遊べる」という手軽さに加え、従来はあり得なかったプロ雀士と対戦できる機会も得られるのがオンライン麻雀の魅力だ。たとえば、今月15日から正式サービスが始まった「ハンゲーム麻将リーグ」(http://www.hangame.co.jp/mjleague/index.asp)の「リリース記念大会」(29日まで開催中)には、井出洋介プロ主宰の「麻将連合」所属プロ8人が参加。一般の参加者とともに卓を“囲んで”いる。

 リーグへの参加は有料(最初の10戦は無料、以後は10戦500円から)だが、プロと対戦できる可能性のほか、自分や対戦相手の成績や手筋などをデータで見られるサービスも備わっており、有料サービスならではの満足感がある


ちょっとやってみるかな。でも11回目からは有料なのか・・・。ここのサイトはひとりまーじゃんもあることだし、今回はパス。
拍手する

オンラインゲームで麻雀ブーム再燃 の続きを読む

カテゴリ :インターネット トラックバック(0) コメント(-)

米国による日本改造(私的記録)

 2005-10-06
このサイトを私的メモのため、そのまま転記(以下全文)。


 講師に『拒否できない日本』著者の関岡英之氏をお招きし、「米国による日本改造」という演題で
勉強会を行いました。

--------------------------------------------------------------------------------
演題:「米国による日本改造」
弁士:関岡英之(『拒否できない日本』文春新書の著者)
◆米国による日本改造とは?
 現在、日本では様々な分野で進められている「約半世紀ぶりの大改革」の多くは、米国の国益極大化を目的とする、米国政府からの要望に基づいたものである。

※なんとアメリカ大使館の公式サイトで明記・公表されていることです。(こちらをご覧ください) 
 (なぜか本邦報道機関はその詳細を報道せず)

A『日本政府への米国政府の年次改革要望書』(1994年以降、毎年10月頃に日米両国政府が交換しているものです。)
・ 6つの産業分野について 
  ①通信、②IT、③エネルギー、④医療・医薬、⑤金融、⑥流通
・5つの分野横断的テーマについて
  ①「競争政策」→独占禁止法の罰則強化、公正取引委員会の機能強化
  ②「透明性及びその他の政府慣行」→政策決定過程への外国の利害関係者の関与拡大
  ③「民営化」→郵政民営化、三事業の相互補助の防止管理、金融庁の郵貯・簡保監督
  ④「法務制度改革」→外国弁護士の対日進出、民事訴訟の活発化
  ⑤「商法」→米国型企業統治の導入、株式交換型M&A(三角合併)解禁等

B『外国貿易障壁報告』「(毎年春、通商代表部が連邦議会へ「成果」を報告)
文書A、Bを併読すれば、今後の日本のビジネス社会がどう変貌するか想像がつく
→ 根回しによる「事前調整型社会」から、訴訟による「事後調整型社会」へ

◆「米国による日本改造」のルーツはブッシュ(父)の時代にあり
1989年 9月 宇野・ブッシュ(父)合意→日米構造協議(SII=構造障壁イニシアチブ)
1993年 7月 日米経済包括協議宮沢・クリントン合意(翌年から『年次改革要望書』発行開始)
1994年10月 『米国政府の日本政府に対する年次改革要望書』(第1回)発行
1997年 6月 橋本・クリントン合意→「強化されたイニシアチブ」
2001年 3月 総合規制改革会議設置
2001年 6月 成長のための日米経済パートナーシップ:(小泉・ブッシュ(子)合意)
       ・ 「日米規制改革イニシアチブ」⇒年次改革要望書
       ・ 「日米投資イニシアチブ」   ⇒対日投資促進プログラム
2004年 4月 規制改革・民間開放推進会議設置
2004年10月 『米国政府の日本政府に対する年次改革要望書』(第11回)発行


「米国による日本改造」具体例の一部

1.郵政民営化に関する米国の要望

◎1996年11月15日 『日本政府に対する米国政府の要望書』
米国政府は、日本政府が以下のような規制緩和及び競争促進のための措置を取るべきであると信じる。

郵政省のような政府機関が、民間保険会社と直接競合する保険業務に関わることを禁止する。
政府系企業への外国保険会社の参入が構成、透明、被差別的かつ競争的な環境の下で行えるようにする。
◎1999年10月6日『規制改革要望書』
米国は日本に対し、民間保険会社が提供している商品と競合する簡易保険(簡保)を含む政府及び準公共保険制度を拡大する考えをすべて中止し、現存の制度を削減または廃止すべきかどうかを検討することを強く求める。

◎2003年10月24日『年次改革要望書』
米国政府は、2007年4月の郵政民営化を目標に、小泉首相が竹中経済財政・金融担当大臣に簡保・郵貯を含む郵政3事業の民営化プランを2004年秋までに作成するよう指示したことを特筆する。

◎2004年10月14日『年次改革要望書』
米国政府は日本政府に以下の方策を取るように強く求める。

郵便保険と郵便貯金事業に、民間企業と同様の法律、規制、納税条件、責任準備金条件、基準及び規制監督を適用すること。
特に郵便保険と郵便貯金事業の政府保有株式の完全売却が完了するまでの間、新規の郵便保険と郵便貯金商品に暗黙の政府保証があるかのような認識が国民に生じないよう、十分な方策を取る。
日本郵政公社の金融事業と非金融事業の間の相互補助の可能性を排除する。
新規の郵便保険と郵便貯金が、その市場支配力を行使して競争を歪曲することが無いよう保証するため、独占禁止法の厳格な施行を含む適切な措置を実施する。

2.建築基準法
1989年5月 スーパー301条対日発動(スパコン、人工衛星、木材)
1990年6月 村田大使のヒルズ通商代表宛書簡(仕様規定→性能規定)
1995年1月 阪神淡路大震災
1995年11月 建設省が建築審議会に法改正を諮問
1997年3月 建築審議会が答申「仕様規定」→「性能規定」
1998年6月 建築基準法改正

3.商法(会社法)・会計基準
1997年10月 合併手続きの簡素化
1999年10月 株式交換制度の導入
2001年3月 有価証券の時価会計導入
2002年3月 持合株式等の時価評価
2003年3月 固定資産の減損会計導入 → 2006年3月期に延期
同 年 4月 商法改正、米国型企業統治(社外取締役制)を導入
2005年?月 新「会社法」、通常国会で成立見込み(三角合併解禁は一年凍結)

4.独占禁止法・官製談合防止法
1986年5月 ヤイター通商代表、関西国際空港PJの国際公開入札要求
1988年9月 公正取引委員会、 関西国際空港PJで排除勧告
1989年9月 宇野・ブッシュ合意→日米構造協議
2001年4月 独禁法違反に対する差止請求制度(民事救済制度)導入
同 年 7月 官製談合防止法公布
2004年10月 新潟地検、新潟市幹部を逮捕(官製談合防止法で初の官側刑事責任)
2005年4月 独占禁止法改正案、通常国会で成立見込み

5.司法制度改革と弁護士業務の自由化
1994年6月 経済同友会『現代日本社会の病理と処方』で司法改革を提言
1999年7月 司法制度改革審議会が発足
2001年6月 司法制度改革審議会が最終意見書
    6月 弁護士法改正(法律事務所の法人化)
   12月 内閣府に司法制度改革推進本部を設置
2003年7月 弁護士法改正(弁護士業務の自由化)
       裁判迅速化法が成立
2004年4月 法科大学院が開校
    5月 裁判員法が成立


                                     以  上



--------------------------------------------------------------------------------



拍手する

米国による日本改造(私的記録) の続きを読む

カテゴリ :政治 トラックバック(1) コメント(-)

2年か3年、外を見て勉強してこい。もう一回監督に戻すと言っていた

 2005-10-06

渡辺会長「人事異動だ」 しこりない、とも強調
2005年10月5日(水) 22時15分 共同通信

 巨人の渡辺恒雄球団会長は5日、原辰徳氏の監督復帰について、2年前の監督交代と同様に今回も「おれから見たら人事異動。しこりなんてあるわけないよ」と話した。
 前回はフロントとの確執から原氏が辞任したが、原氏には「2年か3年、外を見て勉強してこい。もう一回監督に戻すと言っていた」そうで「その約束を履行しただけだ」。また、原氏が球団顧問として在籍していたことに触れて「引き続き雇用関係もあり、(監督就任で)給料が少し増える」とも話した。
 また、成績不振を理由に辞任した堀内監督については「今後も仕事をやってもらう。別に解任ではない」と説明した。


ほんとかなぁ。まぁ、どうでもいいけど・・・。他人の心情を察することができない爺さんなんだねぇ。
NEW83i83x83c83l8BD68E~2.gif

(上の画像はジユウノツバサ@横浜式さんからお借りしています)
拍手する

2年か3年、外を見て勉強してこい。もう一回監督に戻すと言っていた の続きを読む

カテゴリ :スポーツ トラックバック(2) コメント(-)

One more thing...

 2005-10-05

アップルから「もうひとつ」の大発表が--米国時間12日にリリース予定

 Apple Computerが、米国時間10月12日に大きな発表を予定しているようだ。

 先月はじめに「iPod nano」と「Motorola Rokr」を発表するイベントを開いたばかりの同社が、また大きな製品もしくはサービスの発表を予定している。同社は米国時間4日に、プレス関係者に向けて、このイベントの案内を送付したとCNET News.comのJohn Borland記者がブログに記している。

 劇場のそれを思わせる緋色のカーテンをバックに「One more thing...」というメッセージだけが浮かんだ絵柄の、いかにも思わせぶりなこの案内は、日本の編集部にも届いており、その文面は「10月13日(木)午前10時より 東京国際フォーラム ホールCにて カリフォルニアにて開催されるイベントの様子を衛星中継(録画)にてご覧いただきます(略)」とある。

 Appleは比較的大きな発表がある度にこの種のイベントを開いてきており、これまでに、先の「iPod nano」等の発表のほか、2004年10月末の「iPod Photo」および「U2 Special Edition」の発表、さらに2003年4月末のiTunes Music Storeの発表などでも同様の動きが見られた。

 日本のアップルコンピュータ広報部では、「発表内容については直前までわからない」としている。「One more thing...」という意味が、ここ数カ月に渡って続いたiPod関連の発表であるのか、それとも全く別の発表であるのかについても、コメントを避けている。ビデオ機能搭載のiPodが出るのではないかとの憶測についても、「そういった憶測は、前回のiPod nano発表時にもあった」としており、現時点では何も明らかになっていないことを強調した。 

(CNET Japan) - 2005/10/05 13:13



要注目ですね。ビデオ再生が可能な携帯型デジタル音楽プレーヤー「iPod」ではないかという憶測もとんでいるらしいのですが、先月iPodを購入した人は眠れぬ夜を余儀なくされそうです(Q_Q)↓。
拍手する

One more thing... の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(2) コメント(-)

巨人監督に原氏復帰 堀内監督は2年で退陣

 2005-10-05

巨人監督に原氏復帰 堀内監督は2年で退陣

 プロ野球巨人は5日、原辰徳前監督(47)の3シーズンぶり監督復帰を発表した。堀内恒夫監督(57)は昨年3位、今年5位に終わり、契約を1年残して辞任した。
 今季開幕から低迷した巨人はシーズン半ばから次期監督の人選に着手。OB以外では初となる阪神前監督の星野仙一氏(58)の招聘(しょうへい)を目指したが、星野氏が9月10日に阪神残留を表明。2002年に日本一となった原氏の復帰で落ち着いた。
(共同通信) - 10月5日15時18分更新



X年後に「巨人監督に○○氏復帰 原監督はX年で退陣」とならないように願うのみだ。ファンの中には原監督に戻すんなら2年前のあの解任劇は何だったんだと思う人も多いのではないだろうか。渡辺恒夫の存在が原監督の将来に一抹の不安を抱く。
拍手する

巨人監督に原氏復帰 堀内監督は2年で退陣 の続きを読む

カテゴリ :スポーツ トラックバック(6) コメント(-)

最近のマイブームです

 2005-10-04


柴田淳。いいです。BGMとしても秀逸です。透き通った歌声も歌詞も澄みきっていて癒されます。最近は同じ事務所のこの人に押され気味とのことですが、実力は同等以上だと個人的には思っています。BARKSGyaO(10/29正午まで)でも彼女のMusic Videoが見られます。BARKSでは現在(10/4現在)アクセスランキングで2位につけています。市販のDVDとほぼ同じ内容で構成には「ん・・?」と感じられる部分もありますが柴田淳のピュアなイメージは伝わってきます。本人コメントも収録されています。なんかおどおどしたところがいいですね。




拍手する
カテゴリ :音楽 トラックバック(1) コメント(-)

若返りだけでは・・・。

 2005-10-02

清原和博:チーム改革と若返りを急ぐ球団側が“放出”決断

巨人を自由契約になった清原=フルキャストスタジアム宮城で、長谷川直亮写す 球界で絶大な人気を誇る清原和博の巨人退団が1日、正式に決まった。20年目の今季は開幕戦で4番に座ったが、8月にはけがで戦線離脱した。チームは一度も優勝争いに絡むことなく低迷を続け、チーム改革と若返りを急ぐ滝鼻卓雄オーナーら球団首脳にとって、今季で4年契約が切れる清原を残留させる理由などはなかったといえる。

 清原は昨オフ、起用法を巡って堀内監督と対立し、最後は堀内監督やチームに謝罪して残留した経緯がある。しかし、7番に降格された8月4日の広島戦(広島)で本塁打を放った後、ベンチで出迎えた堀内監督らを無視するなど、チームの雰囲気を乱す行動が目立っていた。この広島戦での一件が、球団側に“放出”を決断させる引き金となったとみられる。

 球団側は、12月2日公示の保留選手名簿から外し、自由契約にする形を取るという。「自由に交渉できるようにして欲しい」という清原の希望を尊重し、それ以前に他球団と交渉してもタンパリング(事前交渉)とみなさないという。

 早くもパ・リーグの数球団が清原獲得に興味を示している。中でもオリックスは今季監督として指揮を執った仰木氏が、獲得に前向きな発言をしている。仰木氏は昨オフも清原にラブコールを送っており、清原の出身地である大阪にも本拠地を置くオリックスにとって、観客動員増などの効果が期待できる狙いがあるのだろう。

 97年の巨人移籍後、清原は「巨人に骨を埋める」との信念でプレーしてきたが、その希望もかなわず、他球団での現役続行への道を探ることになった。清原がどのような決断を下すか注目される。【田中義郎】

 ▽巨人・清武球団代表 清原選手と話して、自由契約にしてほしいという意思の表明があった。自分にはまだ将来があって、今後もプレーを続けたいということだった。チームは若返りを図っており、チームの立て直しを図る上では、やむを得ないと思う。清原選手の力を来季も見せてほしい。



確かに今年の清原の成績は目を覆うものがあり海の向こうのメジャーだったら初春の時点で首を切られても仕方がないものであった。しかしながら今年のこの球団の惨めな成績の遠因にはあいもかわらず旧態依然としたフロントの体制、現場の指揮者の指揮能力の無さにもあるのではないか。特にナベツネは即刻お引き取り願いたい御仁である。どうやら原氏が監督に返り咲くようだがこの妖怪爺がいる間は腰を据えてチーム改革を行う気力が湧いてこないのではないだろうか。若返りをはかると言っておきながら野茂を獲得しようともしているらしいこの球団のフロントの無策さにはただただ失笑を禁じ得ない。一体何をやりたいんだろうか。千葉ロッテのフロントに出向して勉強してきてはどうだろうか。原次期監督(?)には悪いが来シーズンもあまり期待はできないようである。
拍手する

若返りだけでは・・・。 の続きを読む

カテゴリ :スポーツ トラックバック(0) コメント(-)

拒否できない日本関連本

 2005-10-01
拒否できない日本を読むと、日本占領と法制改革を読みたくなってくる。だが、どうやらこの本は(オンライン)書店では入手不可能のようである。読みたければ、図書館や古本屋をはしごするしかなさそうである。
オンライン書店ビーケーワン:世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち オンライン書店ビーケーワン:底抜け合衆国 オンライン書店ビーケーワン:世界を不幸にしたグローバリズムの正体
なら入手できそうなので読んでみたいと思う。また、関連して、
オンライン書店ビーケーワン:人類の月面着陸は無かったろう論
もなかなか笑えそうだ。ブックワンの買い物かごにほうり込んでおくことにしよう。
拍手する

拒否できない日本関連本 の続きを読む

カテゴリ : トラックバック(0) コメント(-)

「のまネコ」商標登録出願取りやめ…「モナー」に酷似

 2005-10-01

エイベックスは30日、同社が発売中の楽曲「恋のマイアヒ」の宣伝などに使われている猫のキャラクター「のまネコ」について、図形商標の登録出願中止を、著作権を持つ会社に申し入れたと発表した。

 「恋のマイアヒ」は、モルドバ共和国出身の3人組「O―ZONE」のヒット曲。歌詞が「飲ま飲まイェイ」など日本語に聞こえることから評判となり、収録アルバムは70万枚以上を売り上げ、「のまネコ」のグッズの販売も始めた。

 ところが、「のまネコ」がネット上の掲示板「2ちゃんねる」などで使われているキャラクター「モナー」に酷似しているとして、ネット利用者が反発。「モナーが自由に使えなくなる」と、抗議の動きが起こっていた。

 エイベックスでは、「両キャラクターは全く別物だと考えているが、今回の混乱を招いた以上、出願を取り下げて皆さんに安心して頂こうと決めた」としている。また、30日に同社社員への殺人予告が「2ちゃんねる」に掲載されたとして、警察に被害届を出すことも明らかにした。



[読売新聞社:2005年09月30日 22時56分]


当然でしょ。というか、あちらこちらで非難の声が挙がったのでしかたなくというところでしょうか。これを「全く別物」だと考えるエイベックスの見識は誰もが疑わざるを得ないことは明白。CCCDの件でも噴飯ものの仕様でしかたなく弾力化に至った経緯といいこの企業の狭量さを実感させる出来事でございました。エイベックスさんの終焉もすぐそこまで来ているようです。
拍手する

「のまネコ」商標登録出願取りやめ…「モナー」に酷似 の続きを読む

カテゴリ :ニュース トラックバック(0) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
魔方陣時計



発言小町
Yahoo!天気予報

Feemo

あわせて

あわせて読みたい

iTunes Store

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。