スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Paul McCartney 「Chaos And Creation In The Backyard」

 2005-09-27

先日発売されたPaul MacCartneyのChaos And Creation In The Backyardを入手。早速聞いてみた。まずはじめに感じたのは昔のポールのソロアルバム「Ram」や「MacCartney」を彷彿とさせる音だということ。この3枚のアルバムを続けて聴いてもほとんど違和感も感じないほどである。個人的には、「This Never Happened Before」に渋さを感じた。DVDも良いです。ただ購入後CDを鑑賞する前に苦々しい思いをした。今回、日本版を買ったのだが油断していたせいか、CCCDということを忘れていて酷い目にあったのだ。iTunesに対応していない・・・。CDについているツールでWMAに変換後、CDに焼いて(直接CDに焼けるプログラムもCDに入っているのだが気持ち悪いので)それをiTunesに読み込ませAACエンコーダにてインポートした。これでiPodにも転送可能のはずだ(まだやっていないが)。CDジャケットをひっくり返すと以下のような但し書きが・・。

パソコンのご使用には制約があります。

■パソコンの使用状況によっては、専用ソフトが動作しない場合があります。(動作するように最大限に努力しろ、ヴォケェ)
■専用ソフトはXP(32)用です。Macintoshには対応していません。(MacユーザはCDラジカセで聞けということか)
■iTunes、OpenMG、Jukebox、SonicStageなどに対応しておりません。(なんじゃいそれは・・。ユーザはAppleのMusic Storeに流れるぞ)
■プレーヤが収録曲数以上のトラックをアクセスした時は、再生を停止し、他のトラックを再生してください。(ハァ、何かい、プレーヤにはそんなバグがあるかもしれないのかい。冗談も大概にしろ。カスゥ)
■製造上の不良を除き、交換・返品・返金には応じかねます。(上の再生不具合はどんな不良なんだぁ、アァ)


ほんとにこんな糞システムがCDに混入されていることをポールは了解しているのだろうか。次回からはAmazonかHMVなどでUK盤かUS盤を買うことにしよう。東芝EMIもこんなことをしているとCDの売上減退に更に貢献することになって自分の首を絞めることになると思うんだが。目先の利益に汲々とする日本企業の浅ましさがにじみ出てるわなぁ。と、いうことで買うならDVD付きのUS盤。日本版は買っちゃいけません(US盤を買い直そうかなぁ・・)心ならずも人柱になってしまった一購入者より。そういえばこの人もUS盤を買いなさいと仰っていました。
拍手する
カテゴリ :音楽 トラックバック(0) コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL:
http://silenteyes.blog22.fc2.com/tb.php/11-4dc7acc3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
魔方陣時計



発言小町
Yahoo!天気予報

Feemo

あわせて

あわせて読みたい

iTunes Store

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。